お茶の水女子大学 理学部 栗原綾花さん

2017年 0 Comment 39

出身校:浦和第一女子高校

部活:生物部他

 

二年生の夏休み前、受験に向けて何かしたいけれど何から始めれば良いのか分からないと思っていた時に、偶然SGからお電話を頂きました。

家庭学習がメインにできるとお話を伺い、塾には通いたくないと考えていた私にぴったりだと思い入塾を決めました。

と同時に、生活リズムを変えようと思い、朝型に変えました。

夜は二十三時までには就寝し、しっかりと睡眠をとりました。

朝は早起きをして勉強してから登校し、教室で自習したり講座に出席して、

放課後も残って自習しました。

帰宅後は、四時間学習を続けました。

長期休暇中も、三年の二月以降の自宅研修期間中も、学校が開いている日は必ず登校し、このルーティンを守りました。

基本は学校の勉強が優先で、そこに一年生の内容の復習を少しずつ進めました。

三年生になる前には一・二年の基礎固めは大体終わらせられたので、そこから知識を増やすことができました。

理解するのも早くなるので、とても効率が良かったと思います。

私は学校が行う講座に積極的に参加しました。

SGの授業は一度も受けたことがないです。

自分の生活リズムを崩したくなかったので、FAXを使ってやり取りできたのがとてもよかったです。

私は最後までスランプになることや緊張することはありませんでした。

それは受験を意識し始めて以来、コツコツとマイペースに勉強してきたからだと思います。

行きたい学校が見つかったことで、より強い思いで頑張れました。

試験当日は平常心で受け、自分の力は出し切ったつもりでしたが、合否発表までは不安でした。

自分の受験番号を見つけたときは心の底から嬉しかったです。

今まで私を支えてくださった皆様にとても感謝しています。

検索

ページトップへ戻る