埼玉県立大学 保健医療福祉学部 佐藤慎悟くん

2016年 0 Comment 24

出身校:南陵高校

 

私が埼玉県立大学に進学しようと考えたのは高校1年のオープンキャンパスに参加をして綺麗なキャンパスに憧れ、高い国家試験合格率に魅力を感じ、入学したいと考えたからです。
高校2年生の夏、先輩の引退式と同時に部活動を退部し、それからSG予備学院に入塾しました。

部活を辞めてから学校生活では自らを受験クラスに置く事によって、周りの人との切磋琢磨を考えましたが、上手くいかず結局クラスでは半分の順位にいました。

それでも、SGの先生から予定表が届き毎日決められた事はこなそうとやっていました。

当時私は埼玉県立大学には行きたかったものの狭き門である事に諦めを感じていました。

しかし、SGの先生の言葉により無理でも挑戦はしようと決心がつきそれから大学について調べたり、自ら病院見学やボランティアに参加しました。

勉強の面でも色々な先生にアドバイスを聞き、対策についても話し合いました。
勉強のモチベーション維持として、これから先入学した後の事を考え気持ちを高めていました。
結果として合格しましたが、自分一人だけの力ではなく多くの先生からのアドバイスが力をくれたと思っています。

もし、今目指している所が自分の力で届かないと思っていても可能性が0でない事を信じていれば日々の努力が実を結ぶと思います。

SGの先生は親身になって相談に乗ってくれるのでアドバイスを頂くのも一つの手です。
皆さんも出来る限り諦めず夢に向かって歩んで下さい。

検索

ページトップへ戻る