群馬大学 医学部 岡田研也くん

2015年 0 Comment 26

出身校:熊谷高校

 

1,2年生の時はとにかく

学校の授業のペースに合わせて勉強していました。

 

毎日の復習と定期テストの前の勉強で、

基礎を完成させる事を意識していました。

 

受験勉強というと

自分で進めていかなければならないという

イメージを持つ人が多いようですが

私は学校の授業でいかに基礎を完成させられるかが

勝負だと思っています。

 

3年生になってからは、予習をして

範囲を早く終わらせる事を意識していました。

 

夏休みまでに全範囲を一通り終わらせれば、

夏休みは復習に費やせるので良いでしょう。

 

受験勉強振り返り、

実践して良かったと思うことをいくつか挙げていきます。

 

1つ目は志望校を早い段階で決定し

それを貫いたことです。

 

高校1年生で志望校を決め

それを目標に勉強を続けていました。

 

そのおかげで到達するべきレベルが明確になり

3年生で受けた模試でA判定を出せたこともありました。

 

このことが自信となり、

順調に勉強を進める事が出来たのだと思います。

 

2つ目は理系でもSG予備学院

現代文の授業を受け記述力をつけた事です。

 

推薦を考えている人には

特に重要な事だと思います。

 

理系で現代文を勉強するのは

負担になるように思いますが

記述力は全ての教科で必要になるものですので

早い段階から記述を練習しておく

ことをおすすめします。

 

3つ目は模擬面接指導を活用した事です。

約1か月前から

本格的に面接練習をしていただきました。

 

SG予備学院

個人のニーズに合わせて

細かく指導してくださったので

大変役立ちました。

 

医学部を受験する人は

面接を課する所が多いので

是非活用してください。

 

最後に受験生へお願いがあります。

 

それは周りの人への感謝を忘れないでほしい

ということです。

 

受験勉強をしている時には

あまり自分の周りに

目を向ける余裕がありませんでした。

 

しかし、合格が決まってから、

両親や担当の先生

受付の方など多くの方に

支えられていたことを知りました。

 

受験期には自分の勉強に

没頭することも大切ですが

周りの人々の協力を忘れずに

頑張って欲しいと思います。

 

そして合格を決めた後には

是非その感謝の気持ちを伝えてください。

 

受験生のみなさんが

第一志望に合格できるよう

願っています。

 

頑張ってください。

検索

ページトップへ戻る