東京工業大学 第2類 鯨井友貴くん

2017年 0 Comment 69

出身校:本庄東高校

 

熊谷校の自習室を年間を通して、たくさん利用することができた事と、自分に合った、理系に精通している先生に担当してもらえた事が良かったです。

また、高1から東工大受験で要となる、数学の個別授業をとっていたことと、東工大受験向けの数学の講師に高3から担当してもらえた事、そして、自習室の環境が自分にあった勉強環境であった事が、合格できた要因だと思います。

後輩の皆さんへ。英語については単語、文法を1,2年生の間で進めておき、しっかりした土台作りをして下さい。また、理系で国立受験をする場合は、社会が後手に回りがちですが、3年生になったら毎日進めておいた方が、試験が間近になっても焦らずにすみます。3年生の秋以降からでは間に合いません。

自分の志望校のオープンキャンパスに参加することや、授業の風景を見てきた方が、自分自身のモチベーションを高めることができ、受験勉強に集中できます。

どれだけ自分自身をやる気にさせるかで、合格を勝ち取れるかが決まると言って、過言ではありません。

検索

ページトップへ戻る